北海道も見える?マグロで有名な本州最北端「大間崎」へ行ってみた!

今回は本州最北端の大間崎を紹介します!

 

※以下は2017年5月4日時点の情報です。

大間崎とは

大間崎(おおまさき)は、青森県下北郡にある本州最北端の地です。

 

大間崎はマグロ一本釣りの町として知られていますが、皆さんはご存知でしょうか?

まぐろ一本釣りの町 おおま

大間のマグロは「クロマグロ」。別名「ホンマグロ」とも言われ、マグロの中では最も大型の種類です。最大で3mを超えるものもあり、大間で水揚げされた最も大きなマグロは440kgで、大間崎にあるマグロ一本釣りモニュメントのモデルとなっています。また価格も高く、平成25年の築地市場の初セリでは、222kgのマグロに1億5,540万円の史上最高値がつきました。まさに黒いダイヤです。

引用:http://www.town.ooma.lg.jp/docs/135/33,135.php

マグロを扱う飲食店やお土産屋が沢山あるため、本州の最突端の岬の中では一番栄えてます!

大間崎(おおまさき)への行き方

本州最北端なだけにとにかく北を目指すことになるのですが、少し厄介なのが下北半島は高速道路がないということ。

なので、↓のような方法で行くことになるかと。到達難易度はやや高めです。

  • 青森市方面から下北半島をひたすら下道で北上する
  • 蟹田港から「むつ湾フェリー」で脇野沢へ渡り、海沿いの国道338号線をひたすら北上する
  • あえて北海道の函館市に行き「津軽海峡フェリー」で大間町へダイレクトに渡る

大間崎の写真

観光客でわんさか賑わってました!

下北半島国定公園 大間崎

 

はるばる来たぜ~!

ここ本州最北端の地

 

日本各地の突端の岬がずらり。

2017年9月現在、自分は北海道以外はすべて制覇しています!

追々四国や九州のもブログにアップするつもり。

 

 

大間崎から北を眺めた写真。少し先に小さな島があるのが分かりますか?

あの島は弁天島といいます。

その島に立っているシマシマ模様の灯台が大間埼灯台です。

弁天島と大間埼灯台

ただ橋がかかってないので渡れないんですよね~。

なので遠くから眺めるだけ。

 

ちなみに、その先にうっすら見えるのが北海道です。

位置的に函館の近くですね。あー早くバイクで行きたい!!

 

とあるお店のまぐろの塩辛。帰りのお土産に買っていきました。

イカの塩辛はよく食べるけど、まぐろの塩辛はこれまで食べたこと無かったです。

これが美味かったんですよ~。中身無くなるまでごはんのおかわりが進みましたね(ステマじゃないですよw)

まとめ

到達難易度:★★★★☆ (下北半島を下道で縦断する必要あり)
費用   :★★☆☆☆ (町内の駐車料金くらい)
景色の良さ:★★★★☆ (青い海が一面に広がり、北海道を望める)
混雑度  :★★★★☆ (観光地なだけに結構混んでる、飲食店は並ぶかも)
周辺環境 :★★★★☆ (飲食店多い、少し市街地へ行けばコンビニもGSもあります)

よい旅を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です