読み手にとっての、SNSと比較したブログの3つのメリット

みなさんこんにちは。かたぴー(@GEN_RIDER)です。

僕はブログの書き手でもあり、読み手でもあります。
調べ物の際には多くの方のブログ(またはメディア)を参考にしているからです。

一方、SNSもやっています。
ブログとは異なり、タイムリーな情報収集、気軽な発信が可能な点が魅力ですよね。

SNSとブログは用途が異なるので、それぞれメリットも異なります。

僕も最初はSNSしか使っていませんでした。
しかし、ブログも書くようになり、ブログの書き手と読み手のメリットが分かってきました。

このページでは、読み手にとっての『SNSと比較したブログのメリット』について書きたいと思います。


書き手にとってのメリットはこちら。

書き手にとっての、SNSと比較したブログの4つのメリット

閲覧に対するハードルが低い

ブログはWebページです。
インターネットに繋がっていてWebブラウザがあれば、どんな端末でも見られます。
ブログを見るには、PCでもスマホでもガラケーでもOK。

Webブラウザのアプリは大抵どの端末にも最初から入っています。
こだわらなければ、新たにアプリを入れる必要もありません。

インターネットが普及し始めたのも1990年台後半。
中高年の方でも、SNSは使いこなせないけどWebページは見られるという方は多いでしょう。

裏を返せば、敷居が低い分、それだけ見てくれる人が増えます。
ブログを書く人にとってもメリットがありますよね。

特定の情報が探しやすい

特定のジャンルのみを扱うブログも多いです。
料理、旅行、IT、カメラ、ゲーム、コスメなどなど。
いわゆる特化型ブログですね。

特化すればするほど、読者層は絞られます。
一方、その情報を求めている方にとっては大いに役立ち、歓迎されます。

SNSはいろいろな情報を発信している人がいます。

広く浅く、そして素早く情報を得るにはSNSは便利。
しかし、情報があふれているため、特定の情報を探すには不向きです。

古い投稿が探しやすい

Twitter、Facebook、Instagram。
SNSは情報収集に便利ですが、古い投稿になればなるほど探すのが大変です。

それはSNSの多くは『フロー型』であるため。
新しい投稿ほど上に表示され、古い投稿になるほど下へ流れていくからです。

一方、ブログには以下のような過去の記事を探すツールが揃っています。

  • カテゴリ検索
  • タグ検索(タグクラウド)
  • 人気記事ランキング
  • 月ごとの記事検索
  • ブログ内フリーワード検索

記事を順番にひとつひとつ見て探すのではなく、目的の記事に到達しやすいのです。

まとめ

読み手にとっての、SNSと比較したブログのメリット
  • 閲覧に対するハードルが低い
  • 特定の情報が探しやすい
  • 古い投稿も探しやすい

情報の収集のしやすさですが、SNSは広く浅くなのに対し、ブログは狭く深く情報を得やすいです。
特定のことについてたくさんの情報を知りたい人にとっては、ブログは有用と言えるでしょう。