【観光地】本州の突端で唯一登れる!本州最南端の「潮岬灯台」に行ってみた!

みなさんこんにちは。かたぴー(@GEN_RIDER)です。

この記事では潮岬灯台を紹介します。

 

※以下は2016年4月26日時点の情報です。

潮岬灯台とは

潮岬灯台(しおのみさきとうだい)は和歌山県の串本町にある、本州最南端の灯台です!

日本の灯台50選のひとつであり、のぼれる灯台15基のひとつでもあります!

潮岬灯台の歴史

潮岬灯台は、江戸条約で観音埼灯台などの建設を約束した8灯台のうちのひとつ。

1869年(明治2年)に起工され、4年後の1873年(明治6年)9月15日に点灯しました。

当時の灯台は木造であり、日本最初の木造の洋式灯台とされています。

潮岬灯台への行き方

県道41号線に入ろう

串本町の市街地は国道42号線が通っていますが、一番南まで行くと県道41号線の入口があります。

曲がったらあとは道なりに県道41号線を進めばOKです。

 

ちなみに県道41号線への入口である交差点はふたつあります。

  • 潮岬東入口 ←上のストリートビューはこっちの交差点です
  • 潮岬西入口

どっちから県道41号線に入っても潮岬へ行けます。

ただ日本は左側通行ですから、潮岬東入口から入れば時計回りに回れるので、海を近くに感じながら走れて気持ちいいですよ!

駐車場に停めよう

県道41号線を進んでいると下のような駐車場が出てきます。

この駐車場が潮岬灯台の最寄りの駐車場となります。

MEMO
駐車料金は1回300円です。

バイクは無料。しかも灯台手前までそのまま行けます。

いざ潮岬灯台の中へ

駐車場から少し進むと潮岬灯台の入口に着きます!

潮岬灯台の入口

灯台の入場料200円を払って中へ入りましょう。

MEMO
営業時間は以下の通り。

10~4月:9:00~16:00
5~9月:9:00~16:30

 

潮岬灯台の写真

中へ入ると早速潮岬灯台がお出迎え。

立派だねー!

潮岬灯台

 

灯台の脇の壁に書かれていた「スイミー」の絵。

小学校低学年のときの国語の教科書を思い出す…(笑)

スイミー

 

早速灯台の階段を上りましょう。

上ってみると…!

潮岬灯台からの風景

 

とても澄んでいてキレイですよね…!!

透き通った海

 

 

夏から秋にかけた暖かい時期は、沖縄の海に似たサンゴ中心の景観になるそうです!

まとめ

到達難易度:★☆☆☆☆ (直前の階段で少し上るくらい)
費用   :★★★☆☆ (クルマは駐車料金300円、灯台の入場料200円)
景色の良さ:★★★★★ (南国のような青く澄んだ海が望めます)
混雑度  :★★☆☆☆ (数人いる程度)
周辺環境 :★★★☆☆ (お店は少ないが、ホテルやキャンプ場もある)